前へ
次へ

サザエさんは元々福岡でのお話?

国債とは国が発行する借金証明書のようなものです。国債は満期になると、必ず決まった金額が支払われます。これは元金プラス金利として、発行するときにすでに決定されています。国債には期限があるため、満期が短期のものと長期のものが存在します。短期のものはすぐに返済されるため、その間に国が破綻するようなリスクが少ないものと考えられ、長期のものと比べると金利が低いのが特徴です。反対に長期のものはその間に国が破綻するリスクが大きくなりますので、金利も高くなっています。とはいっても国が破綻することはそうそうありません。格付会社は国債ごとにリスクを審査し、安全度合いをランキングにして発表しています。このランキングは投資家心理に影響を与え、国の借り入れコストに影響を及ぼします。

top用置換

top用置換2
Page Top