医療控除についてのしおり

皆さん医療控除をご存じですか?確定申告の際に医療費の一部を税金から控除することができるのです。こちらでは、確定申告前に医療費控除に必要なものを詳しくお伝えしていきますので、申告する方は参考になさってください。

確定申告書の写真

医療費控除の基礎知識

医療費が年間で10万円、あるいは所得の5%を超えた場合、払った医療費が戻ってきます。去年はずいぶんと病院の支払いが多かったなと感じる方はぜひ一度、自分が該当していないか計算してみることをお勧めします。
医療費と言われると「10万円も払ってない」と思ってしまいがちですが、この医療費控除には病院に支払った診察代だけではなく、調剤薬局で支払った分、ドラックストアや町の薬局などで購入した市販の風邪薬、怪我の薬、通院のための交通費、バス代、タクシー代、はり・きゅう等の料金も含まれます。また、同一世帯で計算するため、ご夫婦、そのお子様が同じ世帯であれば合算し、その合計金額が対象となります。
自費の健康診断や予防接種代、肩こりを楽にしたくて行ったマッサージ代などは含まれません。また、入院時に自ら希望して個室を使用した場合の差額は対象にはなりません。
申告するには、対象となる医療費を支払った領収書が必要です。対象となる領収書を所定の袋に入れなければならず、領収書がないものは認められません。なので、受診した際には必ず領収書を保管しておきましょう。はり・きゅうの治療院でも、お願いすれば血領収書を発行してくれるところがほとんどです。
必要な書類は最寄りの税務署からもらえますが、インターネットでのダウンロードも可能です。医療費の計算も面倒ですが、税務署のホームページでの医療費控除のページに行くと、医療費を入力するだけで自動計算してくれるので便利です。源泉徴収票に書かれている金額をそのまま入力すると、どのくらい還付されるのかという計算も自動で出ます。あとはそれをプリントアウトして持っていくと、大変手続きが早いです。
受付は確定申告の時期だけです。自分が対象ならば、ぜひ一度申告してみてはいかがでしょうか。