皆さん医療控除をご存じですか?確定申告の際に医療費の一部を税金から控除することができるのです。こちらでは、確定申告前に医療費控除に必要なものを詳しくお伝えしていきますので、申告する方は参考になさってください。

確定申告書の写真

腰痛の原因改善に医療機関でストレッチ指導を受ける

腰痛の原因には、様々な要因があります。仕事の姿勢から負担が腰の筋肉にかかり、疲労の蓄積から痛みが出現することもあれば、スポーツなど過度の局所的な負担を筋肉にかけることが原因で痛みが出現することもあります。また、高齢など年齢が増えることでの関節や筋肉の退化の原因から、痛みが出現することもあります。その場合など、すぐにマッサージや電気をかけてくれる施設に行くのではなく、まずは医療機関に受診することをお勧め致します。医療機関では、医師の診察があり、レントゲンなどまずは痛みの原因を探してくれます。そのため、その原因に対して薬やリハビリテーションを受けることができます。薬はすぐに効果もでやすいですが、理学療法士などから、医療的な観点からのストレッチ指導を受けることが大切ですし、今後の痛みの出現予防に繋がります。例えば、そのストレッチとしては、腰に痛みがある時は、腰だけストレッチをしようとしがちですが、実は骨盤に筋肉が付着しているももの裏の筋肉であるハムストリングスのストレッチをすることは非常に大切です。このハムストリングスの筋肉を伸ばすことで、骨盤の動きも良くなり、すなわち背骨の動きも良くなり、結果的に腰の負担も軽減するのです。また、このハムストリングスは、膝の下の骨のである、けい骨にも付着しており、この筋肉の柔軟性が向上することで、膝の負担も軽減することができるのです。1つの筋肉の柔軟性を改善させるだけで、このように相乗効果も得られるのです。医療的な視点でのストレッチは、局所的な改善ではなく、包括的な改善、仕事時の姿勢指導、スポーツのフォームなどの指導、高齢からくる老化予防方法の指導までしてくれます。