皆さん医療控除をご存じですか?確定申告の際に医療費の一部を税金から控除することができるのです。こちらでは、確定申告前に医療費控除に必要なものを詳しくお伝えしていきますので、申告する方は参考になさってください。

確定申告書の写真

保険適用される場合が!?インプラントで生活が変わる

インプラントは、総入れ歯に変わる歯科医療のことで、骨に埋め込むのが特徴です。
これまで、手術の費用は保険適用外でしたが、現在は条件を満たすことで保険が受けられる可能性があります。
従来のインプラントは、骨の移植を行ったり8本以上のインプラントを埋め込む必要があったので、患者の負担が問題となっていました。
また、手術時間や術後の経過は、歯医者の技術に左右されるので、この点も患者の不安要素だったといえます。

一方で、オールオン4は従来のインプラントに変わる、負担の少ない新しい歯科手術の方法です。
オールオン4の特徴は、インプラントを斜めにすることで、片顎に4本ずつ埋め込むだけで済む点が挙げられます。
更に、手術の時間短縮を始めとして、手術費用の負担軽減や自然な噛み心地といった、複数の魅力的なメリットがあります。
インプラントの本数が少なく済むので、顎の骨を歪ませる心配もなく、入れ歯とは違った自然な感覚の歯が実現します。

総入れ歯の患者は、食べ物の残りが歯と歯茎に挟まって痛みを感じたり、噛む力が上手く伝わらずに、硬い物が噛めないといった悩みがあります。
このような状態に至る原因には、正しいケア方法の認知不足や生活習慣病、それに治療開始の遅れなど、歯医者との距離感も関係しています。
総入れ歯を解消する歯科医療は、大がかりな従来のインプラントしかなかったので、抵抗感を感じる人が少なくなかったと考えられます。
その点、オールオン4は従来の欠点を解決しつつ、自然かつ快適な食生活を実現しているので、咀嚼不足や栄養不足による、生活習慣病の改善にも役立ちます。

オールオン4はインプラントタイプの手術なので、治療に必要な費用や、保険適用の条件は気になるポイントです。
費用は従来のインプラントに比べると、約6割程度の負担で済みます。
保険適用は、事故や病気で上顎、あるいは下顎の骨の3分の1以上を連続的に失い、鼻腔や副鼻腔に繋がっていることが条件です。
これは生まれつきの場合も当てはまりますが、保険適用のハードルは、歯医者の間でも高いと考えられています。
入れ歯の原因が歯周病や虫歯では、保険適用を受けることはまずできませんが、条件を満たす可能性があるなら、かかりつけの歯医者に相談してみることが大切です。

歯が入れ歯からオールオン4に変わると、食生活や会話の快適性が大幅に改善されて、生活の質が向上します。
歯と歯茎の違和感が解消されたり、急に入れ歯が外れる心配がなくなるなど、改善されるポイントは数多くあります。
お手入れでは、入れ歯のように取り外す必要がなく、生まれつき生えている歯と同じ感覚で行えるので、家族や友人との旅行でも自信が持てます。
手術によって顎が変形する心配がないので、オールオン4の手術を受けても周囲に気がつかれず、食事や会話などで自然に振る舞えるようになります。

■インプラント治療をお考えの方におすすめの歯医者があります
インプラントするなら東京